2015-06-15(Mon)

JUKI エクシード キルトスペシャル HZL-F600JP

買いました。

なんかね。
買ってもらえるみたいな話だったから、一番欲しいやつ選んだんだけど、
フタ開けてみたら自腹だったという。
ものっすごい勢いで背中押された形での購入。

さっさと「で、どうなのコレ?」って話いきます。

結果9割満足です。
あとの1割は、、、職業用ミシンを知らなければもっと満足だったかと。
それに、
プチ初期不良疑い?
返し縫いに少々不満あり。
返し縫いボタンで返し縫いすると、裏が
DSC05442 2
下糸ぐちゃぐちゃ。
下の縫い目は返し縫いボタン使わず、前進のみで布の向きを変えて縫った縫い目。きれいです。
で、コレを追求するとだいたい

「自動糸切り使ってるとね、下糸がゆるい状態で始まるからね、仕方ないんですよ−。
上糸と下糸を引き出して、ちゃんと押さえて縫い始めてくださいねー。」


なんて この初心者が みたいな空気で言われるんですが、
引き出してるし。押さえてますし。
だったら縫い終わりの返し縫いの乱れは何なのよ。
で、
「では担当者に電話させますんで」
と言われたきり、1ヶ月経過。

担当者はきっと「自動糸切り使ってるとね〜・・」のクダリを陰で言ってる。
この初心者が
って絶対言ってる。

そうこうしてるうちに、 自然治癒したわ。
なんか、勝手に直った。
まだ縫い初めの1歩あたりがゆるいときもありますが、裏から引っ張れば改善する程自己回復。なんだろう。謎。
そういうのがあるんで、「コレいいです〜」と書ける程の信頼関係はまだ築けていません。
少し金額高くなっても、微調整してから出荷してくれるお店で買えば良かったのかも。

キルスペといえば、豊富な刺繍縫いですよ。
ミシンの刺繍縫いなんて、糸が絡まるだけの機能じゃないか!と今までの安ミシン歴のイメージから、
殆ど使ったことありませんでした。
が、
なんとなく、キミならやれるな? という確信があり、一通り打ち出してみたわけです。
DSC05717.jpg
けっこう、いや、かなりキレイ。
細かいのは全然進まなくてイラつくけど。仕上がりは思ったより良いです。

ほほー。やるなキミ。
ではこれならどうかな?
と、
末娘服の裾フリル1周、レースを刺繍縫いで叩き付けてみました。
DSC05665.jpg
さすがです〜。やっぱ最新のミシンは素晴らしいですね!

と、書きたかったが、
2回ガガっ!て糸絡まって1回針折れたね。
ま、糸とかの問題かもしれないけどね。
刺繍縫いのときは、押さえ圧を強めにした方が良さそう。細い針は駄目。

なんとなくわかってきたので、
今度はスカラップに挑戦
DSC05688_20150614215309b15.jpg
一番下の裾部分です。
普通に縫った後、キワをカットします。
いつ ガガっ!ていうかドキドキしながら慎重に進めました。
が、1回波の途中で絡まった←ギャー迷惑ー
表に出ない部分で良かった。←このへんまだ信頼薄い

飾り窓的なもの。
DSC05718.jpg
これは無事完了。張りのある布は得意らしい。

これは無くては困るニットステッチ。
DSC05720.jpg
直線に見えるけど細かいジグザグで伸縮します。

カンヌキ。
DSC05719.jpg
2度目は勝手に前回と同じ長さを縫ってくれます。

とりあえず試作はこのくらいです。
色々文句垂れてますが、ほんとに9割満足なんです。音も静かだし。
普通のストレッチデニム5枚重ね部分も、難無く進みました。
これからも色々遊べそう。贈り物に刺繍縫いは覚悟が必要。

ちなみに、
今まで使ってた家庭用ミシンはジャノメのJNー700、11年前購入です。
良いミシンだったのですが、訪問販売でかなりぼられました。
家のネット環境がまだ整っていなかったときで、
新聞チラシで安いミシンを見つけて店に電話
→もっと高いの勧められる
→妊婦のテンションであっけなく購入
→ネット環境整ってから価格を調べて1日凹む
若気の至りです。
が、
この悔しさをバネに爆縫いの日々が始まったので、今となっては有り難い。
長年乗ってた車を手放す気分です。
嫁ぎ先でまだ頑張ってもらいます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
2012-02-28(Tue)

職業用ミシン買いました。

職業でもねぇのによ!



と、夫につっこまれるのも時間の問題。

しかしそもそも私をその気にさせたのは、夫が職場用カメラを選ぶのに持ってきたカメラのパンフ。


 DSC02519.jpg


このキャッチコピーに心わしづかみされた私。
早速ネットで一生懸命調べました。
まさか自社パンフがミシンを1台買わせたとはcanonさんも思うまい。

近くに直接触れるお店も無いので、ネットで色々調べました。
若い頃からこの勢いで勉強してたら人生変わっただろうと思うほど勉強しました。

で、届いたモノ。2週間悩んだのに買ったら1日で届いた。

DSC02516.jpg

ジャノメHS-80。
でかいです。
そのままだと普通ですが、補助テーブル付けると幅120cmの机占領してます。
となりのミシンも幅寄せされてやや逃げの態勢。

外観はコレが良かったんですが↓



HS-80は薄物押え+針板とレザー押えが標準装備だそうで、↑の780DXより割安だったのです。

ショッピングサイトのレビューが良い物にしようと思ったのですが、やはり餅は餅屋、ミシンはミシン屋と思って直接いくつかのミシン屋に電話しました。

するとね、私がネットで調べた機種の人気順が A > B > C だとすると、ミシン屋さんのお勧めは C > B > Aなんですね。
わからんもんですね。
ミシンをアツく語るお店に共通した見解です。
「オモチャみたいな『アレ付き、コレ付き』っていうのに踊らされたらダメだわ。」
みたいなこと言われました。
実際はそのオモチャみたいのを多く売った方が儲かるらしいんですが。

しかも結局最終的には価格も他機種よりも安くしてもらえました。

早速試し縫い。

 DSC02511.jpg

薄いテロテロの難関ニットです。
針も押えも付いてたやつそのままの標準の物、糸調子とか細かく調整してないので少しゆるいですが、押さえ圧2くらいで殆ど波打ってません。

ただちょっとガラガラっていう音がします。
店に聞くと、金属のベアリングが入ってるからそういうもんなんだそうです。
まぁでも子供の声の方がよっぽどでかいです。

コレは使えそう。クロスガイド。
DSC02515.jpg

また何かあれば追々レポします。

profile

Q*tto

Author:Q*tto
 
こだわるところはピンポイントでこだわり、あとはズボラ。
動きやすく、着脱しやすく、汚れても腹立たず、自分の要求を満たす、自己満足的ハンドメイド。
子供:小6女&小3男&年少女

日々徒然↓
Instagram

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
★過去記事はこちら
検索フォーム
QRコード
QR
素材
png.
counter
shopping